【怒りのトウガラシ】安住を求めてスーパーカプサシイシンを習得するもやっぱり人間はトウガラシが好きなお話 醸しNEM猫の醸し野菜日誌

【怒りのトウガラシ】安住を求めてスーパーカプサシイシンを習得するもやっぱり人間はトウガラシが好きなお話 醸しNEM猫の醸し野菜日誌

う完全に怒ってますねトウガラシくん

それもそのはず、人間どもを利用したおかげで世界制服はほぼ達成したのに

食べられるために育てられている状況が不服のようです。

彼らの夢は地球を全てトウガラシで埋め尽くし青い星から赤い星にすることなのです!!(嘘)

怒りのあまり辛味を増やし続けるスーパーカプサイシンッ!!を習得したというのに人間どもは

ヒーヒー言いながら美味しい言うて食べます、とことん悲しい宿命です。

もう人間に好かれるしかないのです。

しかも、ダイエット効果がある

これだけで女子たちはヒーヒー言いながら食いついてくるでしょう

もちろんカプサイシンを摂取して自身の代謝効果をあげている状態で

有酸素運動を行うことでカプサイシンパワーで脂肪燃焼効果を高めまして

脂肪の燃焼を行うのです。

つまり、韓国料理屋さんでヒーヒー言うて、適量のカプサイシンをたっぷり使ったであろう韓国料理を食べて、帰り道に5kmほど自転車を漕げば完璧です。

痩せるために食べないと言うのは自然の摂理に逆らうので個人的にはおすすめはしないです。

人間は生命活動のために食事をします

生命活動に必要な分以上に食べて何もしなければ蓄えるし、足りなければ足りようとして

栄養をしっかり取ろうとします、リバウンドやなんやと喚いていますが適切な人間の持つ力が

栄養をしっかり吸収しているだけなのです。

つまり痩せるためには生命活動に必要なエネルギー量を減らしていくことが痩せたあとも継続的に

ボデーを保つ方法だと考えています、もしくは信じられないくらいエネルギーを消費する体になるかですね。

太っている人は消費もしなけりゃ活動に膨大なエネルギーを使うので体が勝手に蓄えるように

できています、もはや真理。

一番トウガラシの消費が多い国がメキシコと韓国

イメージですが太っている人が少ない気がするような気がする。

つまりカプサイシンパワー

完熟した赤いトウガラシにはカロテノイドが多く含まれる、ビタミンCも豊富

黄色系、緑色のものは目の酸化的障害を防ぐカロテノイドのルテインを多く含む

黄色、緑、赤と全ての段階で人間に取って有用なものを生み出す素晴らしい食材です。

人間どもは辛いの好きやし食べられんくなるかな?と思って、辛くない緑になってみても

食べられる始末、可愛いやつらですね。なんなら辛くない品種作り出されてますしね。。

話は変わりますがフグもそうですけど、人間は死んでもいいからうまいもん食べたいという

食への探究心は昔から半端ないです。

おそらく辛味が過ぎて死人が出たとしても美味しく食べる方法を探すのでしょうね。

科学ってすごいしそれを調理する料理人ももっと知識を広げて勉強していかないといけないなと

思います。

次回は「あぶら」のお勉強。

 

 

醸し野菜日誌カテゴリの最新記事