【今こそ微生物たちの力を】震災の非常時だからこそ持っていくべききっと役に立つ微生物達のお話。 醸し猫の醸し日誌

【今こそ微生物たちの力を】震災の非常時だからこそ持っていくべききっと役に立つ微生物達のお話。 醸し猫の醸し日誌

ヤハリオレガヒツヨウダロウ カモスゾ!

2018年6月18日北大阪を震源とした地震が発生しました

ニュースなどで知っている人もいらっしゃるかと思いますが

経験した者からするとすごい揺れで何がなんだかわからないような状況でした。

ツイッターやフェイスブックでの生存確認

電話よりも遥かに繋がりやすいライン電話など

昔に比べると”確認”という点ではすごく便利になったと思います。

災害用フリーWi-Fiのファイブゼロジャパンも携帯大手キャリア3社の

素早い対応で広報されてましたし。

Wi-Fiは嬉しいですね、みなさん覚えておきましょう。

通勤時間ということで電車に閉じ込められた人の数も過去最高と聞いています。

我々飲食店も、お酒やグラスが割れる(中にはロマネコンティーや高級グラス、バカラが割れる)などの被害に加えて、ガスが止まって営業できないなど大きな被害が出ています。

そんな中サントリーさんは被害状況を一軒一軒聞いて回っていただき、何かご協力出来ることはないかと

聞いてくださりました、幸い被害はなかったですがメンタルケアとしてありがたいですね。

昨日はサッカー日本代表がコロンビアに歴史的勝利をしたおかげで

「大迫、半端ないって!!」てみんな叫んだでしょうね。

大阪も沈んだ心が少し浮いてきたと思いますが

まだまだ余震が感覚が長くなったとはいえ続いている状況です。

関西圏に限らず気を抜かず防災の意識を高めたいところです。

では発酵屋として震災時にも役に立つ発酵食品や微生物の働きについてお伝えできればと思います。

何より発酵は25度以上から菌達は生き生きと活動を始めるので

今の季節、万が一ガスが使えなくてお料理ができなくても時間が調理してくれるので

栄養もたくさん取れる発酵という調理が主体となってくるはずです。では

震災時万が一に活躍出来る菌達を紹介します!!

日本の国菌!!ニホンコウジカビ有する、MISO 味噌!!

医者?醸すぞ?

万能ですね味噌は、豊かな栄養源、健康増進効果から

味噌汁は一部人間供からは「医者殺し」と恐れられるほどの実力者です。

飲んでよし、塗ってよし、漬けてよしと何にでも使える味噌は是非持っておいた方がいいと思います。

極力菌が生きているような味噌の方が栄養は豊富です。

生きてる味噌シリーズは生きてますねやはり。

あと個人的にいままで使った味噌でこんなに複雑な発酵をしているものはないと思う味噌は

丸秀さんの十穀味噌です。

10種類もの穀物で作った味噌です、わざわざ別々に発酵させて合わせるという手の混み方。

そのまま食べてもうまいですし、もはやご飯のお供に食べられるレベルです。

万が一の避難所生活にもこれさえあれば健康と味覚的満足が得られます。

野菜が手にはいればそのまま漬けて置けば味噌付けになりますし

使い勝手は無限大です、火を使わない調理は避難生活には欠かせません。

塩分もタンパク質もバランスよく取れるので避難生活には必須であると考えます。

 

無限ヨーグルトの使い手、乳酸菌!!

ワレラ乳酸菌こそ、世界の王なり。

一時期異様に流行った無限ヨーグルトですが

ここにきて再度輝きの場があるのではないかと思っています。

〜無限ヨーグルトの作り方〜

  • 200ml牛乳のパック

常温保存可能品の方が腐敗の心配は少ないです。

  •  元になるヨーグルト菌

材料は上記二つです、牛乳は200mlでなくても大丈夫ですが

被災した際には殺菌処理するものがなかったりするので200mlパックを開けて直接菌種を入れて

パックでヨーグルトを作ってしまいます、こうすることで殺菌の手間が省けますし

そもそも牛乳のパックは殺菌処理されているので簡単に作るには適しています。

牛乳に対してだいたい10%の菌種を混ぜ合わせて

常温で12時間ほど発酵させます、これで完成です。

あとは牛乳をもらうたびに牛乳にヨーグルト入れて乳酸菌達の働きで

ヨーグルトにすれば無限ヨーグルトの完成です。

子どもがいるお母さんはこういった方法で不安がっている子どもの気持ちを少しでも

和らげてあげれればと思います、しかし甘くないので砂糖が必要です!!

 

本当に困った時に使える、日本酒。

これは滅多に使うことはないと思いますが万が一、避難中や自宅待機中に

お酢が欲しい時の裏技です。

みなさん覚えていますでしょうか?

菌の中にはアルコールを酢酸発酵出来る菌がいることを、私です。

酢酸菌、A・アセチとも呼ばれたりします。

通称、インフィニティービネガー(無限酢)です。

簡単にいうと日本酒を3〜4%まで薄めて、そこに酢を少しだけ垂らして置けば完成です。

あとはアルコールを餌に酢酸菌たちが醸しを始めます。

気づいたら酢になっているというわけですね。

アルコールさえあればある程度はなんでも酢にしてくれると思うので色々と実験してみるのも面白いと思います。

余った日本酒はこうやって酢に変えてしまえば日持ちする上に調味料としての幅が広がりますね。

発酵さえ極めればごく最低限の菌を持っていくことで

無人島での生活も栄養に困ることなく出来るようになるでしょう。

極めよう発酵、偉大な菌達に感謝しつつ、万が一に備えて準備しましょう。

冷静に考えれば氷砂糖と塩があれば生きていけそうな気もしなくはないですね。

地震はいつきてもおかしくありません!!落ち着いて行動できるように

心構えはしっかりしておきましょう。

 

 

 

醸しNEM猫の実験日誌カテゴリの最新記事