【振動する菌】海開き目前!海で出会いたくない菌ランキング18年連続1位! VIBRIO VULNIFICUS ビブリオ・バルニフィカス【名前がかっこいい菌】

【振動する菌】海開き目前!海で出会いたくない菌ランキング18年連続1位! VIBRIO VULNIFICUS ビブリオ・バルニフィカス【名前がかっこいい菌】

夏になるとTV番組などで少し特集されたりします

海で出会いたくない菌ランキング18年連続一位の躍進中

ビブリオ・バルニフィカスくんの紹介です。

オレタチもベツニお前らと出会いたくないし。。

恐怖!!人食いバクテリア ビブリオ・バルニフィカスの生態

ビブリオ・バルニフィカス(Vibrio vulnificus : V.v、”ヴルニフィクス”とも)はグラム陰性小桿菌の腸炎ビブリオに類似した性質を持つコンマ状ビブリオ。Farmar らによって1979年に同定され1980年にラテン語で「傷を負わせる」の意の vulnificus からVibrio vulnificus(ラテン語としてはウィブリオー・ウルニフィクス「振動する菌」の意) と命名された。日本では一般に「人食いバクテリア」と呼ばれる細菌の一つ。                          @wikipedia参照

名前だけならすこぶるかっこいいのですがとんでもない悪党です。

症例など見ればなぜ「人食い」などと言われるのかよくわかります。

しかし自分で調べて見るのはオススメしません、リアルでは想像を絶する画像がたくさん出てきます。

僕は出さないのでご心配なく。

・生態系

生息環境は腸炎ビブリオと似ており、沿岸近くの海水や海泥、そこに生息する魚介類に広く生息しています

淡水中(いわゆる真水)では増殖しないが、腸炎ビブリオが適さない低塩分(1.0~2.0 ‰)の海域でも広く生息する。

海のものは真水で洗いましょうというのはこういったところからきています。

海で育った菌達は海が適地なので塩水が大好きです。

バルニフィカスくんは塩分濃度の低いところでも生きていけるので、河口域や河川水が流入し外海との海水の入れ替えが行われにくい奥深い湾や干拓地の調整池等の塩分濃度の低い汽水域に多く分布します。

あと海水温が20℃を上回る日が継続すると急激に菌数は増加します、これからの夏こそ最高の

繁殖期です。

宮城県保健環境センターの調査ですと、 バルニフィカスくんは普通に汽水域の海水中に生息している。海水温が20℃を超える時期には生鮮貝類、特にあさりは50%程度が汚染されているが、低温で保存すると1日で菌数は急激に減少する。通常アサリは加熱して食用とするため問題はない。また、低温(15℃以下)での流通がされていれば汚染は問題にならないとしている。

温度が低いところが苦手なのでしっかりと冷蔵すること、そして生ぬるい状態の海のものは極力食べないことが大事です。

・ビブリオ・バルニフィカス退治の方法

バルニフィカスくんは塩分には強い模様でどのくらいの濃度まであげれば退治できるのかの情報がありません。。バル二くんは塩分濃度1%から発育が可能なので真水で洗ってやることは大いに効果的です。

水道水で洗うというやつですね。

夏場の海産海洋物の生食には注意を払いましょう。

生暖かい温度は彼らの活動領域ですが70度をこえたぐらいから苦しみ始めます。

100度なら数秒で退治できるのでしっかりと火を入れていくことと最低でも中心温度70度で1分は加熱するようにしましょう。

・日本での彼らの活躍の状況はどんなもんでしょう?

厚生労働省さんのHPから拝借してきました、ありがとうございます。

年間多くて30弱ほどの発生件数の模様です、正直多いのか少ないのかはわからないですが

絶対に検索してはいけないビブリオバルニフィカスの症例を見る限りあそこまでひどい症例は日本では

出ていないように思いますが、人間の皮膚が壊死していくのは本当に恐ろしいものです。

主に九州、有明海の方で症例が多くおそらくなにか適した気候なのでしょうね。

温度、えさのプランクトンの量など様々な要因があってそこにいるのでしょう。

体に傷がある時には海に近づくのはやめましょう!なにが起こるかわからないです。

・治療方法に用いられる抗生物質は巷を賑わす仮想通貨と同じ名前!!

ビブリオ・バルニフィカスくんの治療は基本的には早期の診断と治療が大事です。

皮膚が壊死を始めたら止めるに止められません、それだけ細胞というのは脆く危ういバランスでできています。

治療に使われる抗生物質イミペネム!パニペネム!などのカルバペネム!系抗生物質

の安全に使用できる最大量の投与にミノサイクリン投与を併用します

すごいですねついに微生物の世界と仮想通貨の世界の繋がりを見つけてしまいました。

・海の危険を知った上で楽しい夏をお過ごしください!!

楽しい時でもリスクは忘れないこと、これが大事ですよね。

どんどん暑くなって海へいくのが楽しい時期になってきます、ここで手に入れた知識を元に

予防をしっかりと行って楽しい夏をお過ごしください!!

ちなみに・・

NICO Touches the Walls

というバンドの7月25日に発売しますニューシングルに「VIBRIO VULNIFICUS」が収録されています。

ただただめっちゃかっこいい夏にぴったりのチューンになっているので今年の夏はこの曲を聴きながら

海へ冒険にいくのも楽しいですね。

この曲は7月13日(金)深夜放送スタートのテレビ東京系ドラマ24『GIVER 復讐の贈与者』のエンディングテーマに起用されることが発表されているので

そちらも合わせて注目です!!

 

共生のデザインカテゴリの最新記事