【加齢臭】表皮常在菌達と仲良くなって肌を弱酸性に保ち美しいを肌を手に入れましょう【美肌】

【加齢臭】表皮常在菌達と仲良くなって肌を弱酸性に保ち美しいを肌を手に入れましょう【美肌】

今日は人間に常にいる常在菌のお話

その中でも表皮にいつもいて我々を守ってくれている素晴らしい菌達

表皮常在菌達のお話です。

美しい肌ってのは見た目でなくて状態のことを言っています。

表皮常在菌・・なんだかんだでほぼ生まれたてのころから

一緒にいるよね。

 

表皮常在菌の存在を知り仲良くなろう!!

表皮常在菌とはその名の通り

人間の肌に居るお友達たちのことです。

彼らが外にいる悪い菌達が肌に取り付こうとするのを防いでくれます、いい奴らデスネ。

そんないい奴らについて理解を深めることで

より良いおつきあいをしていこうという記事です。

お付き合いよろしくお願いいたします。

まずは表皮常在菌として自分の身の回りについている菌達についてです。

当然名前の通り表皮の上に存在しており、身体部位や健康状態、加齢によって変動しますが

1㎠に10万個以上もの菌が存在しています。

まずは主な種類の説明から。

常在菌の種類

表皮ブドウ球菌

皮膚のどこにでもいる一番の仲良し菌、肌を弱酸性にしてくれてます。

黄色ブドウ球菌を抑える役割も果たす。

アクネ菌

アクネスと呼ばれることもある、良いやつと悪いやつがいて悪い奴はニキビにの原因菌だったりする。

弱酸性の洗顔剤で優しく悪い奴だけ落としてやれば肌フローラが保たれます。

黄色ブドウ球菌

Staphylococcus aureus(スタフィロコッカス・アウレウス)というかっこいい名前を持ちます。

このこはあんまりいいやつじゃない、増えると厄介。

弱アルカリ性が好き。

マラセチア真菌(フルフル)

フケの原因になったりする(トリグリセリド、油分が好き)

増えすぎるとよくない。基本はいいやつ。

 

などなどたくさんの菌たちが私たちの肌で生活をしながら外敵から肌を守ってくれています。

もちろん彼らは適正な量以上に増えすぎると

結局体にとってあまりいいことはありません。。

あくまで共生できるように仲良くしないといけません。

エステル化が体臭のカギ

ちょっと難しい話ですが、人間の体臭を作り出しているのも表皮常在菌たちです。

せっせと汗の中のタンパク質や皮脂の脂肪などを分解して、アミン酸や脂肪酸類を作ります。

それが匂いのもとですって。

体臭・加齢臭のもとになる脂肪酸類ですが

ジアセチル・酪酸・イソ吉草酸・カプロン酸・ペラルゴン酸・ノネナールなどがあります。

頭皮・口腔・体軀・足などで出てくる種類が違います、だから部位ごとに臭いが違うんですね。

エステル化とは熟成したフルーツの匂いのようなものです。

どうすれば臭い足の匂いがエステル化するのでしょう。。

弱酸性ビオレが弱酸性を押している理由

一つは黄色ブドウ球菌というTHE・人間のせいで起こる食中毒ナンバーワンの菌は

弱アルカリ性を好み、弱酸性を嫌います。

増殖を防ぐという意味でも弱酸性である方がいいですね。

また体を守ってくれる菌たちは逆に弱酸性を好みます。

そのため弱酸性をオススメしているのです。

弱酸性ビオレ最高!!

体は洗いすぎると逆に臭し

これはよく言われることですが

表皮常在菌くんは表皮で頑張ってくれています。

そんな中、石鹸や洗剤で体をゴシゴシゴシゴシ洗うと

表皮常在菌たちも一緒に洗い流してしまいます。

もちろん臭いの原因菌も落とすので一瞬臭いは無くなります

しかし!!

表皮常在菌たちが我々の肌にバリアを綺麗に張る前に少しづつ

悪い菌たちが寄ってきます

もちろん戦ってくれますがバリアが弱く肌に悪い菌たちが取り付いてしまいます

するとそこから繁殖して臭いをハッスルのです

水虫菌や、ワキガ菌などは表皮常在菌が居ない隙を狙ってやってきます。

怖いですね。

そんな時でも弱酸性ビオレなら肌を弱酸性に保ってくれるので

表皮常在菌も素早くバリアを張ることができます。

弱酸性ビオレ最高!!

程よい菌との共生が美しさと匂いの元

上記にもありましたように

体を弱酸性に保ち、菌たちの住みよい空間を作ってあげること

そして菌たちを必要以上に肌から落とさないことが一番の体臭対策となります。

匂いを消そうと努力してどんどん臭くなってさらに匂いを消す努力をする悪循環に陥ることも

想定されますのでそこは弱酸性ビオレで乗り越えてください。

 

弱酸性ビオレ最高!!

キズパワーパッド最強説

キズパワーパッドが最強と言われる所以をご紹介します。

傷をふさぐのではなくパッド部分に菌たちが傷口を修復しやすいような空間にしており

人間の治癒能力を高められるようになっています。

表皮常在菌たちはある程度の傷は自分たちの住処を守るために結構一生懸命修復してくれます。

それをわざわざ人間が邪魔して水などで思いっきり常在菌くんたちを洗い流したりして

余計ばい菌が入りやすい環境を作ったりしています。

なんにせよ人間の自己治癒力が最強なので

キズパワーパッドでその治癒力の邪魔しないようにしましょうって話。

キズパワーパッド最強!!

 

表皮常在菌と仲良くして暑い夏もう終わりかけですが、肌がいい状態で乗り切ろう!!

なんか弱酸性ビオレとキズパワーパッドの宣伝みたいになりましたが。

決して企業の回し者ではないぞ!!

大企業さんはやはり研究の内容が違います。

治癒力を高たり、PHをコントロールすることで体をよい状態に保つ。

しかも無理のないように自然にできるように。

新しいことやものを上塗りするのではなく人間の力を引き出すことに重きを置いていくことが

これからさらに必要ではないかと考えています。

彼らのことを大事にしていないと肌の質がどんどん悪くなっていきます。

彼らを理解し彼らと共生することで肌フローラは保たれます

目に見えないけど菌達に感謝して生活をしていきましょう。

 

 

未分類カテゴリの最新記事