嵐・二宮和也×現代の魔術師・落合陽一 SWITCHインタビューの対談を見て想うこと「生きるデザイン」

嵐・二宮和也×現代の魔術師・落合陽一 SWITCHインタビューの対談を見て想うこと「生きるデザイン」

SWITCH 達人達 二宮和也×落合陽一を見て想うこと

世界でも闘うトップアイドル ”二宮和也”

日本を代表する魔術師    ”落合陽一”

の二人の対談です。個人的にはSWITCHの対談の中でも一番に近いぐらい規模の大きい話で

さらに今後の世界感まで広がる素晴らしい回だったと思います。

まずはさらっと二人について

二宮和也

日本を代表するスーパーアイドル嵐のメンバー

俳優としても大活躍する多才な才能の持ち主

 

落合陽一

現代の魔術師と呼ばれる、SFの世界感を現代に表現してくれる

スーパーマンだと思います。

ワクワクさせてくれる本当に楽しい人

最近CMまで出ててびっくり。

グミでテンション上がる人

 

二宮和也×落合陽一

二宮くんから落合さんへの質問コーナーで

聞いててグッときた言葉ややりとりをまとめていきます。

 

”波動使い”

”波動使い”っていうワードだけでカッコいいです、現代の魔術師と呼ばれる所以ですね

一般人に発想することすら難しい波動を使った研究をしているそうです。

二宮くんの返しもすごく上手でやりとりを聞いてて賢くなった気が勝手にします。

天才で片付るのやめて欲しい。

常人には理解できないことをやっているからこその天才という扱いだと思いますが。

トップにいるいわゆる天才と呼ばれる人たちはその分野における”変態”だと思っているので

確かに天才という表現は「ちょっと理解できないから距離を置いた」表現な気がする。

あ、つぶグミだ

テンションが上がる落合さんを見てテンションが上がる瞬間 笑

料理を作る身としてはなんとも言えないですが、結局は選択の問題で

どう体に栄養を入れるか?みたいな話です。

それを豊かにするのが料理人だし、無駄を省いて省いて省いて”摂取”という観点でいけば

グミなんかほんと最高のパフォーマンスだとおもう。

落合さんは情熱大陸でレトルトカレーをストローで吸うという衝撃的なインパクトで登場した逸材

この人が、食べることに興味を持ったらすごい面白い発想が出てくるんだろなぁと思う。

なんかやって欲しいなぁ。。

才能が可視化されやすくなっている

全人類がyoutuberになる可能性を持っていて簡単に発信できる時代。

埋もれていた人が発信する場を簡単に得たっていうのは本当にその通りだと思う。

自分も、ブログを書いてるし、もしかしたらお料理youtuberになるかもしれない

全員にチャンスがあるんだよーっていう話。

話を聞いている中で基本的には先を見据えて話をしている落合さんなのでこれも

何年かすれば本当にそうなっているんだろうなーと思う。

 

落合陽一×二宮和也

 

番組の後半、次は落合さんから二宮くんへの質問

二宮くんの発言の刺さったポイント

犯罪は犯罪だし、人を殺したらそれはダメなこと

演じる上での与える影響力についての注意点の一つ

特にスーパーアイドルであるがゆえに妄信的なファンもいなくはないとわかった上で自分の立ち位置や影響力を

しっかりわかってはる素晴らしい考えの持ち主だと思います。

木村拓哉さんとの共演で話題だった「検察側の罪人」も正義を考えるいい作品でした。

各々の正義をぶつけるとどこでも争いが起きる、だから法律を作ったんでしょうね

先人たちも苦労したんでしょうね、互いの正義をぶつけ合う的なね。

 

大丈夫だよ、俺だったらなんとかなるからってなっちゃたらもう、アウトだろうね

大成功した人だからこその謙遜なのかそうだから大成功してるのかでいうとおそらく後者なんだろうなーと思う。

これを聞いた瞬間に”嵐”ってこれからもずーーーーと残っていくグループなんだろうなぁって思った。

いわゆるトップまでいくような人は謙虚、本当に謙虚。

中小企業の社長の方々の中にはやっぱり横柄な人が多い印象、

器というかそう言った人としての度量が全然違うんだろうなーって思った。

自分も立場が上になってきているのでこういうところは心しておくべきだと思っています。

 

〜まとめ〜

ジャンルは違うけど日本を代表するお二人のお話

各々見てるもの聞いてるものは違うけど通じるものがあるのかすごく似た雰囲気も感じなくはなかった。

落合さんのズバッと言い切る言葉の強さや二宮くんの包み込む言葉

素晴らしい対談だったと思います。

落合さんも二宮くんも一度お会いして見たいなー。

〜今日のレシピ〜

飲むカレー

材料

  • レトルトカレー       1個
  • ちょっと太めのストロー   1本

作り方

1、レトルトカレーの具を手で潰します

2、少し開けてストローをさします

3、完成。

具をしっかり潰すことがスムーズな摂取に繋がります。

具が出ない場合はもう少ししっかり潰しましょう。冬は温めても美味しいよ。

生きるデザインカテゴリの最新記事