月次売上速報で見る8月の飲食業の様子

月次売上速報で見る8月の飲食業の様子

画像は全く関係ないです。カニ食べたい。

そろそろGOTOイートも始まりそうではありますが

各県の足並みはそろっているようには思えません。

何にせよ行政に足引っ張られて潰されるのだけは勘弁です。

鳥です。

我々飲食業に従事する鳥は飲食業の数字に強くないといけません

何故ならたくさんの売り上げの中にある傾向を探ることで

ある程度の対策が打てるからです。

傾向と対策ってやつです。

2020年8月度の月次売上速報が出そろってきたのでまとめてみました。

でん!!

見事に赤字の嵐です。

以前書きました

という記事の頃から変わらずケンタッキーは売上、客数、客単価すべて黒字です。

ハレの日使いから日常使いへのシフトのタイミングが完璧でしたね

本当にすごいです。

やはり世界は鳥で出来ています。

この図からわかること

まず、一番目に付くのは客単価の上昇です

要因として考えられることは?

1、もともと客単価の低かったお店にいつもはもう少し単価の高い店に

通っていたである人達が行くようになったから

2、来店回数が減ったけど一度に使う金額が増えた

3、マクドナルドなどはテイクアウトで家族分買うようになったので商品注文数が増えた

などなどこの図から考えられることはたくさんあります。

さらに客数が下がるのは当然だが何故このように差が大きいのか?

モスバーガーは何故こんなに客数が増えているのか?

沢山考えることがあります。

なぜ我らが鳥貴族がこんなにも苦戦しているのか?

上記図を見ていただけばわかるように

売上、客数昨対ともに我らが鳥貴族はとても苦戦しています

旨い安いおいしいが揃ったあの鳥貴族がです。

何故でしょう?

考えられる要因は

1、メインターゲット(だと思っている)学生が外に出れなくなった

2、営業時間の短縮

3、内訳見ないとわからないですが、立地によって売上の幅が全然違いそう。

などなど、こちらも要因はたくさんあると思います

何が言いたいのか?

コロナのせいでと言っている場合ではなく

そんな中でも売れている店は売れています、もちろんファストフードのような

薄利多売を小さいお店でやることは物理的に厳しいことは分かります。

何か出来ることはないか?そんなことを考える一つのきっかけになればと思います。

少しだけ世間が緩んでいる現在の9月はもう少しいい数字になるのではないかな?と思っています。

客単価10000円~20000円くらいの大箱のお店が一番苦しんでいますねきっと

ええ私です、頑張りましょう。

FOODカテゴリの最新記事